ハタハタ干物

プリップリの身はかじるとジューシー!山陰だけの特別仕様!

ハタハタ干物

ハタハタは、 深海の泥地や砂地に多く生息しています 。沖合底びき網漁で漁獲し、境港では春と秋に水揚げされます(鳥取県の水揚げ量は全国でもトップクラス )。
他県では秋田が有名で、 11~12月に漁獲される個体の卵を味わう食べ方が一般的です。
山陰で漁獲されるハタハタは卵を持たない個体であり 、その分しっかりと身に脂があるのが特徴です。
大型の個体ほど脂のりが良いとされ、鳥取県では原魚(干す前)の状態で全長20cm以上のハタハタを「とろはた」という名称でブランド化しています。

目利きが仕入れた新鮮な原料(ハタハタ)
塩漬け、乾燥
当社自慢の、ハタハタ干物です‼

SNS

【大海食品の干物】ハタハタを焼く
~炙りや編~

【大海食品の干物】ハタハタを焼く
~IH・フライパン編~

カレンダー

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  • 休業日